From West New(旧ビルメン案内所)

ビル管(ビル管理士)、エネ管(エネルギー管理士)、電験(電験三種)持ち(ビルメン4点セットと消防設備士も取得済)が資格の取り方とビルメン業界あるあるを解説するブログです。独学で慶應に入った勉強テクニックを余すことなく公開しています!

ネタ記事

シェアサイクルサービスMobike(モバイク)を試した感想

投稿日:2018年4月1日 更新日:



スポンサーリンク

Mobike(モバイク)とは

Mobikeは街での移動で発生する様々な問題を解決する自転車シェアリングサービスです。Mobikeは特許を取得したユニークなデザイン、アクセスしやすく便利なアプリによるスマートロック機能を搭載し、自転車の需要に応えます。Mobikeが広く浸透することにより、渋滞の緩和や環境への貢献に繋がることが私たちのゴールです。

モバイク・ジャパンHPより引用

モバイクとは自転車のシャアサービスです。自転車を必要な時だけ借りて、使い終わったら返すんだけど、借りたところじゃなくていいみたいなサービスです。

旅行先で利用するようなレンタル自転車の場合だと借りたところで返さないといけないのですが、モバイクサービスだと返却・貸出ポイントがいくつか決まっていて、例えば自宅付近で借りて職場の近くで返すみたいなクラウド的な使い方ができるわけです。
※2018年3月31日時点では一部の地方都市で試験的にサービスが導入されているだけで、返却・貸出ポイントは少なく、そんな使い方はまだできないみたいですが・・・

中国で流行しているサービスらしい

2017年の後半あたりに、中国でこういったシェア自転車サービスが流行っているということを夕方のニュースで知りました。
中国は30年前の1980年代とかは、人民全員が自転車に乗っているかのような自転車大国のイメージがありました。そういった自転車用途が多い背景がこのサービスを支えているのかもしれません。

それにしても中国はモバイル決済とかも大流行していて、時代へのキャッチアップがすごいですね。

スポンサーリンク

利用する前に思っていたリスクとか

利用する前に考えていたことは
どうやって決済するのか
→スマホアプリにクレジットカード情報を入れて決済します。利用する際に受付の人にお金を払うとかそういうことは一切発生しません。そもそも無人サービスなのでスタッフの人が常駐しているブースみたいなものは一切ありません。
自転車は錆び錆びで汚くないのか
→錆びない素材だったのでとてもきれいでした。

札幌市に続いて福岡市で試験的サービスを実施している

2018年3月31日に私が調べた限りでは、日本で最初に導入されたのは札幌市、その後福岡市に2017年12月頃に導入。いずれも試験的な運営ということでした。

モバイクというサービスは中国で始まったサービスで、日本ではその日本法人のモバイク・ジャパン株式会社が運営しているようです。モバイク・ジャパン株式会社は福岡県福岡市に本社があるようです。

福岡市は中国と近いし、栄えているし日本の拠点として最適なんでしょうね。

利用にはアプリが必要

利用にはアプリのインストールと事前設定が必要です。逆に言うとアプリがあれば利用できます。
あと、支払いのためにクレジットカードは必要です。

実際に利用してみた記事はこちら
シェアサイクルサービス「モバイク」(Mobike)の使い方・利用方法を画像で徹底解説
一通り開始から終了までを解説しています。

料金

2018年3月31日時点では30分120円の利用料がかかるみたいです。普通のサラリーマンの自分的には高くも安くもないサービスかなといった価格感です。いや、むしろ結構安いかもしれない。電車で2~3駅遠くの場所まで行って250円くらいかかることを考えると移動手段としてこちらを選択する人もいるかもしれません。

スポンサーリンク

しかし、バスだと180円くらいで電車の2~3駅くらいは行ってくれるので、バスは強い競合相手かもしれませんね。

入金の最小単位は500円

最初の利用時にチャージという名目でアプリを通してクレジットカードから入金しなければなりませんが、その最小単位は500円です。
私は最初500円入金して120円分使ったので、380円残っていますが、残額は自分が今後モバイクを使用しないと思ったときにモバイク運営にメールすれば返金してもらえるそうです。

自分の用途

自分が使うとしたら、普段いかない友達の家に行くときとかでしょうか。職場に行くときは定期券があるのでなかなかモバイクを使おうという選択肢にならないかもしれません。

自分は自転車を持っていないので、自転車で疾走感を味わいたいと思ったときにふらっと利用するようなことがあるかもしれません。

自分が自転車を所有する場合には故障・盗難のリスクがありますが、このようにレンタルする際には故障・盗難のリスクやメンテナンスの費用から解放されるので、そういうのが気になる人には良いかもしれません。

感想

  • 屋根のない駐輪場で3ヶ月ほど駐輪されていた自転車に乗りましたが、すごくきれいでした。錆びる素材を使っていないので錆びはみじんも見られませんでした。
  • 難しいかもしれませんが、ギアのある自転車だといいなと思いました。自分としては踏み込み感が重いように感じました。
  • 今の自分の生活スタイルからするとモバイクのヘビーユーザーにはならないかもしれませんが、自転車を持っていないのでいざという時の選択肢の一つにいつでも自転車がクラウド的に使えるというのは助かるなと思いました。




-ネタ記事

Copyright© From West New(旧ビルメン案内所) , 2018 All Rights Reserved.