From West New(旧ビルメン案内所)

ビル管(ビル管理士)、エネ管(エネルギー管理士)、電験(電験三種)持ち(ビルメン4点セットと消防設備士も取得済)が資格の取り方とビルメン業界あるあるを解説するサイトです。独学で慶應に入った勉強テクニックを余すことなく公開しています!

Web製作

ノマドワーカーデビューをして徒然なるままに想ふなり

投稿日:

スポンサーリンク

久しぶりに喫茶店で作業してきました。家で記事を書くのが続いて、家の環境に飽きてしまっていて気分転換の為に外で作業をしたくなったからですね。

久しぶりにというのは、飲食店で作業するのは1年位ぶりであるし、勉強じゃなくてパソコンでの作業の為に喫茶店を使ったのは初めてでした。最近はマクドナルドをはじめとした大手の飲食店ではそういったパソコンやゲームなどの電子機器の持ち込み使用者の為に一席に一つコンセントがあるんですね。幸い持ち込んだノートパソコンのバッテリー内には充電が十分にされていた為、コンセントを使うことはしませんでしたが、もし電池が無くなっているときには助かるなと思いました。

飲食店で作業していて思ったこと

1.やはり作業がはかどるな

勉強をするときに飲食店を利用するときはそうでしたが、お店に入るときに「今日は〇〇と〇〇と〇〇を終わらせてから家に帰ろう」と考えて、計画を立てて勉強を始めるので、小目標をタスクとして抱えている状態になり、しっかり終わらせて帰ろうと自然に思えて、その流れとして勉強に集中できるそして勉強がはかどるという良い環境でした。

そして、それはパソコンでの作業でも変わりません。
家にいた時に比べて、1.5倍くらい時間当たりの作業量が増えているのを感じました。

スポンサーリンク

2.ノマドワーカーになったらこういう環境で作業し続けることになるのかな

ノマドという言葉を聞いたことがあるでしょうか、2009年ごろからネット上で使われ始めた言葉だそうです。

ノマドとは…英語で“遊牧民”という意味。元々の遊牧民という言葉は、牧畜を生業として砂漠や乾燥地域を渡り歩いて生活する自由民を指す言葉だが、この言葉が転じて、インターネットと絡めた意味で使われるノマドという言葉の意味は、ノートパソコンやタブレット、スマホ等のモバイル機器を利用して多様な場所で、web製作作業やPCを使用した作業等を行うこととなる。

この様に、ノマド及びノマドワーカーだと家だけに縛られず、外のいろんな場所で、パソコンやタブレット、スマホを使って作業をするわけです。フリーランサーでプログラミングを書いたり、イラストを描いたり、はたまたアフィリエイトで生計をたてている人なんかは、どこでも仕事ができちゃうわけです。

株とかFXとかのトレーダーなんかもそうですね。どこでもできるし、専業としてそれで生計を立てていたら、彼らもノマドワーカーなわけです。
そしてですね、自分も2017年の時点で、FX歴が7年になろうかとしていて、長年のトレード歴の中で買った負けたしながら、そこそこ勝てるようになったわけです。そうするとこのままトレード技術が向上して勝ち続けていると、専業でトレードするようになるのかな、そうすると一日部屋にいるのも飽きてきて、ちょこちょことこんな風に外の飲食店でトレードするようになるのかななんて、妄想は膨らむわけですが、そうやってパソコンと向き合って黙々と生計を立てるノマドワーカーの負の部分も想像しちゃったわけです。

自分が専業FXトレーダーになって、飲食店でトレードするノマドワーカーになったときの懸念

もし仮に、専業FXトレーダーになったとしたら同じ様に家でトレードして、そして退屈になったら外の飲食店やレンタルオフィスなんかでトレードするかもしれません。でもそれって細かいところまで頭でイメージすると、もの凄く孤独な生活になりそうです。今は会社に行って同僚に挨拶して、雑談したり仕事の打ち合わせをしたりして特に意識することなく人と話せていますが、専業になるとそれが当たり前でなくなります。

勝てない日が続くかもしれない、資金が枯渇するかもしれないというプレッシャーの中で、人と話さないでひたすら自分とチャートと向き合うのはとても悶々としそうです。普段意識しないですが、毎日人と話すことで自然に気持ちの整理ができたり、ストレスが軽減されたりしているのだと思います。

スポンサーリンク

改めて、会社員として決まったお給料+賞与をもらい、それに対する上乗せとしてトレード収入を得るという状況、そして毎朝決まった時間に出勤して、組織に属して仕事をして人と話すという状況が、いかに自分の経済的な基盤や精神状態を安定させているかということを認識しました。

これだけは忘れてはいけません

ノマドワーカーとして飲食店を利用するうえで、忘れてはいけないのが“混んでいる時間帯でPC利用の為に長時間利用をしない”ということです。一ヶ月くらい前のネットニュースで、こんなニュースがありました。

大手コーヒーチェーン店でコーヒーを買って席に座って飲もうとした女性が、コーヒーを買った後に満席になっている店内を見渡して立ち尽くしていたところ、それを見かねたおじさんが「どいつもこいつも飲み終わってるだろ!!ここはパソコン教室じゃないだろ!!」を声を荒げたところ、空いた席が多かったとか。

この一言で席を空けたのはノマドワーカーや読書目的の利用でコーヒーを飲んでいた人ではないかと思います。混んできたら席を空けるのはマナーですね。逆に混んでいなければ、PCや読書利用は認められているお店もあるわけです。そのためのコンセントでもありますしね。PC利用でも読書利用でもそのお店の売り上げに貢献できるのはお店に行って注文することですが、混んでいる時間にコーヒー一杯で数時間も粘られると、お店としてはその席が空いていたら利用できていたお客さんの分の売り上げを逃すわけですから、混んでいるときにパソコン作業でその席を独占しないのはマナーです。

これからも、会社勤めをしつつ、たまにノマドワーカーとして飲食店でPC作業をすると思いますが、その際にはルールを守ってノマドワーカーの評判を落とさないようにしないといけないなと思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


よく読まれている記事


-Web製作

Copyright© From West New(旧ビルメン案内所) , 2017 All Rights Reserved.