From West New(旧ビルメン案内所)

ビル管(ビル管理士)、エネ管(エネルギー管理士)、電験(電験三種)持ち(ビルメン4点セットと消防設備士も取得済)が資格の取り方とビルメン業界あるあるを解説するサイトです。独学で慶應に入った勉強テクニックを余すことなく公開しています!

勉強に役立つ知識 勉強方法 集中力

学習に必要な集中力

投稿日:2013年8月14日 更新日:

スポンサーリンク

よく言われることですが「勉強には集中力が大事」です。

で集中力とはなんでしょう。私が学生のときは「勉強には集中力が大事」と学校や塾の教師から言われて「集中力が大事なんだな~」とは頭でわかっていたものの実際にどんな状態が集中力がある状態で、どうすれば向上するのかわかっていませんでした。

辞書的には「集中力とは:一つの事柄に注意を集中して物事に取り組む能力」とあります。

しかし、世の中で使われる集中力という単語の意味はもっと幅広いです。

大きな使われ方から例に出して見ましょう。
「今はあの子のことは忘れて、目の前の仕事に集中して・・・」
この使われ方の場合、集中する期間としては数週間あるいは数ヶ月から長くて1年程度の使われ方に受け取れます。
意味的には、他の事をとらわれないで、打ち込むべきことに打ち込んでという意味合いですね。

スポンサーリンク

しかし、勉強で言われる集中という言葉とは、言葉の持つ意味の期間が違います。

次は、小さく短い期間での使われ方を例に出して見ます。
スポーツなどでよく掛け声として使われる言葉ですが「ここ集中!!」
と高校のときのサッカーの部活でよく言われていました。コーナーキックの場面などでは定番でした。
意味的には他の事を考えないで、とにかくボールの行方や選手の動きに全神経を張り巡らせ、必ず点を入れろ(又は必ず防げ)という意味合いですね。

言葉の持つ意味の期間としてはだいぶ勉強に近づいてきました。

次に漫画で見たセリフを例として挙げてみます。
凄腕スナイパーのゴルゴ13が銃弾でダイヤを砕くというミッションをこなすためにダイヤの熟練加工技術士を訪れた際に熟練加工技術士が放ったセリフです。
「何年経験を積んでも、ダイヤをカットする瞬間には神経が擦り減る思いがする」
という内容のものでした。

時間としては一番短くなった上に、勉強とは少し遠ざかりましたね。

スポンサーリンク

世の中にはこれほど多くのニュアンスで集中という言葉が使われています。

その中で学習効率を向上させる集中(力)というものは、
「一定時間雑念を排除し学習を行い、かつ学習に没頭しているため、思考力・記憶力が高まっている状態」と言い換えることができます。

学習に必要な集中力というのは、一問解く度に力尽きるようなものではなく、
数時間継続できるようなノッテいる状態です。

スポンサーリンク


よく読まれている記事


-勉強に役立つ知識, 勉強方法, 集中力
-

Copyright© From West New(旧ビルメン案内所) , 2017 All Rights Reserved.