From West New(旧ビルメン案内所)

ビル管(ビル管理士)、エネ管(エネルギー管理士)、電験(電験三種)持ち(ビルメン4点セットと消防設備士も取得済)が資格の取り方とビルメン業界あるあるを解説するブログです。独学で慶應に入った勉強テクニックを余すことなく公開しています!

一日のタスクのこなし方 具体的な勉強法 勉強方法

優先順位をつけて勉強する

投稿日:2013年12月26日 更新日:

スポンサーリンク

優先順位”という言葉があります。辞書的には「取りかかるべき物事が複数ある場合に、取りかかる順番」という意味です。勉強中だけではなく、生活の中でも関わりのある言葉です。一番使われるのは仕事上でだと思います。

その優先順位を勉強をする際にも考慮すると、より一層得点力がつきます。

優先順位を全く考慮しない場合

一日勉強する中でも、
・英単語の暗記
・数学のワークを10ページ進める
・地理の教科書を15ページ読む。
・実力模試の復習
・昨日の授業のノートの見直し
・物理の問題集を、20ページ分解き直す
などなど、いろんな科目のいろんな内容の勉強をしているものです。

これらを全く順番を考慮せず始めようとした場合、気分に任せて行うその勉強が、うまく時間を使えていて、効率的な得点力UPにつながっているかはあやしいものです。

全く順番を考慮せず始めた勉強(この場合をAとします)は以下の図のようになっていることでしょう。(棒グラフの縦メモリは“得点力”と考えてください)
A-1

この予定通りの勉強量をこなせればいいのですが、たいてい何らかの用事が入ったりして、予定通りにはいかないものです。例えば予定していた勉強量のちょうど半分まで終わったところで親戚が訪ねてきて、急遽外出することになり、残り半分の勉強ができなくなったとしましょう。そうすると以下の図のように、予定の半分の分量が終わらなくなることになります。
A-2

スポンサーリンク

優先順位を考慮して勉強をしていた場合

一方、優先順位を「得点力がつくものから先に取り掛かる」という視点のもとにつけて勉強を始めたとしましょう。(この場合をBとします)その場合の順番は以下の図のようになります。
B-1
棒グラフが長い順に並んでいます。つまり得点力がつく順番です。得点力がつくものから片付けていきます。

このやり方だと、途中で勉強を中断しなければならない様なことが入ってもそのときまでは選びうる限り効率的な順番で勉強できたことになります。
B-2

実際は得点力だけで順番を決めるのではなく、理解しやすさ(難易度)等を考えて順番を決めることになりますが、どうすれば効率的な順番で勉強することになるのかを考え、日々こなしていくことに優先順位を付けていくのは大事なことです。

一日一日の差が数週間、数ヶ月と積み重なっていくと大きな差となります。
いままで優先順位をつけずに勉強していたというかたは、この機会に優先順位をつけてこなしていくことをお勧めします。



-一日のタスクのこなし方, 具体的な勉強法, 勉強方法

Copyright© From West New(旧ビルメン案内所) , 2017 All Rights Reserved.