From West New(旧ビルメン案内所)

ビル管(ビル管理士)、エネ管(エネルギー管理士)、電験(電験三種)持ち(ビルメン4点セットと消防設備士も取得済)が資格の取り方とビルメン業界あるあるを解説するブログです。独学で慶應に入った勉強テクニックを余すことなく公開しています!

具体的な勉強法 勉強方法 集中力

即効性があり没頭できる集中力を簡単に高める方法①~タイマーを使う~

投稿日:2013年8月24日 更新日:

スポンサーリンク

学習区効率を上げるために集中力は必要不可欠です。
テレビを見ながらした勉強、友達と雑談しながらの勉強にあまり成果が伴わないことは誰しも経験があるのではないかと思います。

「集中力が発揮されているときはα派が脳内で出ている」と聞いたことがありますが、このサイトでは化学や医学的な解説に深入りせずに、実施することとその効果にフォーカスして紹介しようと思います。

人間の焦りという心理は適度な程度であれば集中力を増加させるスパイスに成り得ると思っています。
一般的にその効果は“締め切り効果”と呼ばれ、人は期限を区切られない目標と区切られる目標を与えられた場合、期限を区切られた目標を与えられたほうが、達成に向けて集中力を発揮するというものです。

タイマーはその締め切り効果による集中力アップの為に役立つグッズです。

60分以内しか計れないようなキッチンタイマーではなく、〇時間〇〇分まで計れるタイプのものを買ってください。
例えばこんなものがあります

また、私が図書館やカフェで勉強する時に使っているタイマーはこれです。

スポンサーリンク

タイマーが最も役立つのは
①アウトプット
の時です。アウトプットすなわちインプットの逆ですね。勉強におけるアウトプットとは問題と解くときです。
問題を解くときにタイマーは最も役に立ちます。
次に役立つのは
②復習
の時です。復習というのは前日、又は数日前にやった箇所について、もう一度見直したりやり直したりすることです。
前日、又は数日前に一度やって、理解なり記憶なりしているところなので、「あ、そうだった」と思い出すことはあってもつっかかる事はありません。基本的にスムーズにページをめくっていけます。
そういった、つっかかることなくスムーズにページをめくっていける勉強のとき、すなわち復習のときにタイマーは役に立ちます。

では、あまりタイマーと相性の良くない勉強のタイミングはいつかというと、
③未学習の分野の参考書を読み進めて行くインプット
の時です
未学習の分野が高度で難解であればあるほど、タイマーによって時間に追われていることがストレスになります。
そんなときはタイマーで時間を区切ったりせず、目の前の参考書を理解することに没頭するほうが良いと思います。

タイマーを使った集中力アップ方法の紹介でした。



-具体的な勉強法, 勉強方法, 集中力
-

Copyright© From West New(旧ビルメン案内所) , 2017 All Rights Reserved.