ビル管(ビル管理士)、エネ管(エネルギー管理士)、電験(電験三種)持ち(ビルメン4点セットと消防設備士も取得済)が資格の取り方とビルメン業界あるあるを解説するサイトです。独学で慶應に入った勉強テクニックを余すことなく公開しています!

From West New(旧ビルメン案内所)

●資格 基本情報技術者

基本情報技術者 勉強記録 2週間目~過去問勉強での衝撃~

投稿日:2016年11月15日 更新日:

スポンサーリンク

基本情報技術者勉強記録
基本情報技術者 勉強記録 1週間目~まずは基本書読みから~
の続きです。この記事の後には
基本情報技術者 勉強記録 3週間目~アルゴリズムを得意にする為に~
基本情報技術者 勉強記録 4週間目~アルゴリズム以外の午後対策~
基本情報技術者 勉強記録 5週間目~最後の週は復習するのみ~
があり、総合的な合格体験記として
こうすれば合格!基本情報技術者合格体験記
があります。

2週目は過去問から始めた

1週間目で

(PDF・スマホ単語帳付)かんたん合格 基本情報技術者教科書 平成28年度(2016年度)

五十嵐 順子,ラーニング編集部 インプレス 2015-11-20
売り上げランキング : 4758

スポンサーリンク
by ヨメレバ

を1周読みました。まだ、記憶は定着しておらず、整理もされていませんが、ひとまずは基本書を1周したということで、過去問1回分問題と解説を読み込んでみることにしました。

使った過去問題集はこちらです。

(PDF・スマホ単語帳付) かんたん合格 基本情報技術者 過去問題集 平成28年度(2016年度)秋期

株式会社ノマド・ワークス インプレス 2016-05-27
売り上げランキング : 85029

by ヨメレバ

過去4回分の午前と午後の過去問が掲載されています。

スポンサーリンク

実際に解いてみることに

まずは、2回前の問題を解いてみることにしました。
※直前回の問題は合格率が30%あり、容易すぎると判断した為回避しました

<午前>

まずは、午前の問題からです。本試験では80問を2時間半で解かなければなりませんが、問題を見ていると今回は2時間もかからない印象。まぁ、まだまだ得点力がついておらず一瞬で見切りをつける問題が多いからですが、半分以上の問題を飛ばして1時間ほどで最後まで辿り着きました。この時の点数は覚えていませんが、4割いかなかったと思います。参考書を1周読んでも、問題演習をしていなければこんなものですね。

解き終わったので、初めの問題から解説を読んでいきます。この基本情報技術者の本試験は最初の方に計算問題が集まっており、最初の10題くらいの解説の意味を理解するのに数時間かかりました。最初の10題を過ぎると、スイスイ読める問題が多くなってきたので、スピードに乗ってきました。わからないところは基本書に何度も立ち返りました。また、よくまとまっている図表があればコピーし、暗記カードに張り付けていました。覚えるべき公式なども暗記カード化していきました。
どんな試験とも抜群に相性が良い勉強法~カード式勉強法~

午前問題を解いて、解説を最後まで読むのに3日ほどかかりました。

午後

午後の問題は全く解けないので、いきなり解説から読み始めました。まぁ、どの問題も問題文が長いこと長いこと。その問題が何を言わんとしているかつかむのに精いっぱいで、問題文を読むのに疲れました。
特に表計算の問題文の長さはしんどいものでした。以前は表計算といえば、ほとんどの人は仕事で使うexcelの予備知識があり、得点源にできるほど簡単だったらしいのですが、そういった時代の反動があるのかもしれません。(定かではありませんが・・・)

スポンサーリンク

そうして、必死こいて問題文を読んで、理解できなければ基本書を読んで、ということを何度も何度も繰り返して平日2日と土日の合計4日間で1回分の午後の問題の解答解説を読みました。

実は、この試験についてネット上で調べているときに「午後の問題はプログラム言語の2題以外は午前の勉強で身に付けた知識で解ける」という言葉に出会い、へーそんなものかなと思っていたのですが、実際はとんでもない。午後は午後でしっかり問題の数稽古をして足りない知識を事前に十分に学習する必要があると感じました。

そして、アルゴリズムについては“疑似言語”というこの試験独自の言語が使用され、独特のルールがあること、流れ図(フローチャート)や疑似言語を理解しただけでは足りず、頻出問題のパターンに慣れておく必要があること。トレース(プログラム仮想実行結果の書き出し)を即座にできるようになっている必要があること等を認識しました。

午後の問題のレベルを認識

この時点で、残り3週間。はじめてヤバい、間に合わないかもしれないと感じました。午後の問題を午前の知識で解けるのが多い等と舐めていたことが原因のようです。逆にこの時期にわかってよかったのかもしれません。そういう意味で、過去問を早期に着手したのは正解でした。

ちなみに過去問はこの様に年度ごとにぶつ切りにして管理していました。
dav
自分が選択しない分野の問題自分には関係ない為、少しでも見た目のボリュームを減らしてとっつきやすくしました。また、ぶつ切りだと持ち運びやすく、この喫茶店でこの年度の最後までやってから帰ろうなどとルール決めしやすい為、外出の際のちょうどいい目標単位となり、勉強しやすかったです。

2週間目での勉強時間は16時間程度。1週間目の14時間程度と合わせて30時間程度勉強していました。

スポンサーリンク

この記事の続きとして
基本情報技術者 勉強記録 3週間目~アルゴリズムを得意にする為に~
基本情報技術者 勉強記録 4週間目~アルゴリズム以外の午後対策~
基本情報技術者 勉強記録 5週間目~最後の週は復習するのみ~
があり、この記事の前に
基本情報技術者 勉強記録 1週間目~まずは基本書読みから~
があります。
また、総合的な合格体験記として
こうすれば合格!基本情報技術者合格体験記
があります。

スポンサーリンク

-●資格, 基本情報技術者

Copyright© From West New(旧ビルメン案内所) , 2017 AllRights Reserved.