ビル管(ビル管理士)、エネ管(エネルギー管理士)、電験(電験三種)持ち(ビルメン4点セットと消防設備士も取得済)が資格の取り方とビルメン業界あるあるを解説するサイトです。独学で慶應に入った勉強テクニックを余すことなく公開しています!

From West New(旧ビルメン案内所)

具体的な勉強法 勉強方法 音読

音読と黙読の比較

投稿日:2014年2月6日 更新日:

スポンサーリンク

過去記事音読の効用で音読には、
・記憶力のアップ
・頭の回転がよくなる
・認知症の症状が改善
・性格が明るくなる
・外交的になる
という効果があることを記載しました。

つまり、音読は勉強に好影響を及ぼしますよという内容の記事を書いたのですが、では極端なことを言うと目に入る文字は全て音読したほうがいいのかというとそうではありません。

状況によっては音読よりも黙読の方が適している場合もあります。

音読のデメリット

音読のデメリットを挙げてみました。
・声を出す為、衆人環境ではできない。
 なんといってもこれです。図書館や自習室等人がいるところで勉強することも多いと思いますが、音読は声を出すため周囲の迷惑になってしまいます。隣で勉強している人が急にブツブツ言い出したら恐いですし、自分の勉強が集中できないですよね。音読をできる環境は限られています。
・読む速度が遅い
 読んだ文字を喉を使って音にして読んでいく為、脳が理解する速さに喉がついていけず、スピードの上限は読み上げる声の上限となってしまいます。試験勉強や試験本番では正確かつ速く読むことが求められますので、音読している時の速度が当たり前にならない様に注意することが必要です。

スポンサーリンク

黙読のメリット

黙読のメリットは音読のデメリットの裏返しが多いです。
・どこでも読めて、場所を制限されない
声に出して読まないため、音読と比較して周囲の迷惑を考える必要がありません。
・読む速度が速い
声に出さないで読む為、速度が喉の動きに制限されません。この場合スピードの上限は、理解の速さか目の動きの速になります。いずれにせよ音読の数倍速いでしょう。
・読み方に多様性がある
音読が一文字一文字丁寧に読み上げるという限られた読み方であるのに対し、黙読は斜め読み、飛ばし読み、拾い読み、精読等いろいろ読み方に種類があります。そのときどきの自分に合った読み方をしながら、ときにはさらりと読み飛ばしたり、ときには深く読んで共感したり反発したりすることができます。

黙読のデメリット

普段自然にしている黙読にデメリットがあるかというと、デメリットと言えるほどのことはないのですが、音読のメリットで挙げたものは享受できないということになります。

まとめ

その他にもいろいろ挙げることはできるのですが、大きく分けて音読と黙読の違いは、
・音読すると自分の声を聞くことで音によっても刺激を得ることができる、音による脳への刺激は黙読には無い
・声に出すか出さないか、それによって周囲への影響が違ってくる
・読む速度が違う
ということになります。





スポンサーリンク

mineoで価格もサービスも大満足!私は格安スマホとしてmineoを選びました

格安スマホ事業者No.1と呼び声の高い「mineo」(マイネオ)です。mineoには、価格はもちろんのこと多くの魅力があります。
私がmineoに決めたのはこれらの決め手でした

私がmineoにした決め手

1.関西電力のグループ会社だから安心の信頼感
2.au回線で契約かdocomo回線で契約かを選べる
3.家族間でパケットを分け合えるパケットシェア制度
4.友人にパケットをプレゼントできるパケットギフト制度
5.どこかのだれかとパケットの助け合い!余ったパケットをmineoに預けていつでもひきだせるフリータンク制度
6.パケット容量を超過しても追加課金が無い
7.パケットを使い過ぎた月は、月中にパケットを追加購入できる
8.通話料を抑えるために、mineo独自のIP電話(インターネット電話アプリ)がある

2年間の私の携帯代を比較公開した私の体験談はこちら↓
私の年間の携帯代を比較公開!格安スマホに乗り換えたら大幅安で家計が大助かり
mineo公式サイトで詳細を確認

-具体的な勉強法, 勉強方法, 音読

Copyright© From West New(旧ビルメン案内所) , 2017 AllRights Reserved.