From West New(旧ビルメン案内所)

ビル管(ビル管理士)、エネ管(エネルギー管理士)、電験(電験三種)持ち(ビルメン4点セットと消防設備士も取得済)が資格の取り方とビルメン業界あるあるを解説するサイトです。独学で慶應に入った勉強テクニックを余すことなく公開しています!

具体的な勉強法 勉強方法 工夫

裏紙を大量に用意しておく

投稿日:2014年1月29日 更新日:

スポンサーリンク

ノート以外にも勉強する時に多用する紙があり、それは学校や塾から配布されるプリントの裏紙であったり、自分の家で印刷した紙の裏紙であったり、新たに購入するまでもない廃棄予定の紙の裏の白紙部分が適しているという記事です。

ノート以外にも勉強用の紙を用意しよう

小学校の頃、几帳面な友人が算数の問題をノートに書きながら解いていました。几帳面な性格だけあって、とてもきれいな書き方でした。

それを自分も真似てみたのですが、
・枠にうまく収めて書きにくい。
・「見直すわけでもないノートをなぜきれいに書かなければならないんだ」という気持ちが湧き上がってきた。
・そもそも計算問題が解けないので、解きながらパターンを覚えようとしているのであって、途中で手が止まってしまう→なぜさらさら書けないんだという自己嫌悪になった。
という理由で自分には合わないと感じてやめてしまいました。

“計算問題の解き方のパターンを覚える”という本来の目的からずれてしまって、目的が“ノートをきれいに書く”にいつの間にか変わってたんですね。

スポンサーリンク

学校から配布されるプリントの裏がお勧め

それ以降は、学校から配布される保護者会や学校行事の案内のプリント等、不要になったプリントで裏が白紙のものをクリップでひとまとめにして、ストックしていました。

DSC_0215
これだときれいに書く必要もないのでかなり自由にいろいろなものを書いていました。
・数学、物理、化学等の計算問題を解いたり
・英単語のスペルを覚えるために書き出してみたり
・古文の助動詞の活用を覚えているかどうかの確認のために書き出してみたり
・日本史の人名をきちんと覚えるために書いて覚えたり
と今までの勉強経験の中でかなり役に立ってくれました。

家のプリンタで印刷した用紙の裏もお勧め

学校で配布されるプリントに白紙の裏紙があんまり無いという人は、お父さんお母さんから家のプリンタで印刷した用紙でもういらなくなったものの裏紙をもらってください。

今の自分の家がそうなのですが、インターネットで調べ物をして結構印刷するわりには、一週間もしないうちに調べたかったことが解決して印刷した用紙が不要になっています。

他のご家庭でも程度の差はあれど印刷した用紙があまり日を空けることなく不要になることはあるのではないでしょうか。「お父さん、お母さん、勉強する時に使いたいから、印刷した用紙でいらなくなったものの裏紙を頂戴」と言っておけば喜んでくれると思います。

スポンサーリンク

勉強に関するお願いで、大きなお金がかからないことであれば聞いてあげたいなとお父さん・お母さんはきっと思っていますよ。

スポンサーリンク

-具体的な勉強法, 勉強方法, 工夫

Copyright© From West New(旧ビルメン案内所) , 2017 All Rights Reserved.